『トップページ履歴』2018年1月〜2018年12月
 
          トップページ 履 歴 一 覧  
2018.11. 1 老人チャリダー 今回は近江路を走る   本部幹事:三好陽二
2018.10. 1 HPに初登場、『動画』のご紹介    本部幹事:竿田史郎
2018. 9. 1 光と目、色と色覚           本部監査:加藤邦昭 
2018. 8. 1 歴史ロマンへの目覚め         本部監査:太田安穂 
2018. 7. 1 医学の進歩は何を変えるのか      本部幹事:清水国明  
2018. 6. 1 今年も好きな球技、家庭菜園に頑張っています 矢板支部長:荒井 一夫   
2018. 5. 1 雲海に出会う            那須支部長:池田 知之
2018. 4. 1 また春が来て            佐野支部長:辻 隆太
2018. 3. 1 ソフトウェア人生           本部幹事:関根 眞
2018. 2. 1 私には西国の血が流れている      本部幹事:三浦 弘幸
2018. 1. 1 新年のご挨拶               会長:八木 宏
 
      『 ト ッ プ ペ ー ジ  履 歴 』
2018.11. 1 老人チャリダー 今回は近江路を走る   本部幹事:三好陽二
 
老人チャリダー 今回は近江路を走る 本部幹事 三好 陽二   
 
 この10月に高校時代の仲良しグループ5人で近江路を 三好_本部幹事
三好_本部幹事
自転車で走ってきたのでレポートします。
 実は昨年春に、このページで紹介した「筑波路を走る」
の二番煎じで恐縮ですが、当時と同じメンバーに前回心
臓病検査のため不参加だったA氏を加え5人で、今回は
ちょっと遠い琵琶湖まで足を伸ばしました。
 メンバーは全員今年75歳の老人で、老人チャリダーと
いうよりは「後期高齢チャリダー」と言った方が良いか
も知れません。
 出発予定の10月1日は台風24号が日本列島を縦断中で、前日に取りやめを検討しま
したが、通過スピードが早いので当日朝判断ということになりました。当日極早朝は
猛烈な風が吹き荒れましたが、明け方になると台風は通り過ぎていたので、当初予定
より3時間程遅らせて決行することになりました。10時過ぎに昭島のK氏宅に集合し、
ワンボックスカーの屋根に2台、車内に折り畳み2台の自転車を積み込みいざ出発。
 台風の後遺症で東名、新東名高速道ともに全線通行止めということが分かったため、
中央道経由名神高速道路で、初日の目的地である近江八幡に向かいました。途中風が
強かったものの台風一過の良い天気で、4時前に近江八幡に到着しました。
 近江八幡は豊臣秀吉が築いた城下町を基礎とし、商業都市として発展した町で、近
江商人発祥の地との事です。町には堀が縦横に張り巡らされていて水運によって発展
した事がうかがわれました。当初計画ではここをサイクリングでの町巡りと八幡堀の
遊覧船でしたが、出発遅れのため中止し、堀とその周辺の白壁の蔵造り見学に留めま
近江八幡
近江八幡
琵琶湖畔夕景
琵琶湖畔夕景
した。街並み見物後1泊目
の宿「休暇村近江八幡」へ
向かいました。途中琵琶湖
畔に出た時、丁度夕日が沈
むところで、素晴らしい湖
畔の夕景を鑑賞出来ました。
 休暇村近江八幡は目の前
に琵琶湖の絶景が広がる湖
畔の温泉宿で、すぐ前の砂浜では湖水浴もできるそうです。我々は近江牛と松茸のす
き焼きを堪能し、がら空きの露天風呂で琵琶湖周航の歌を大合唱して早めに就寝、翌
日のチャリ行に備えました。
 2日目も天気は上々で、朝食をさっさとすませ、主目的のサイクリングに出発しま
した。駐車場で、自転車を屋根から下ろしたり、組み立てたりが大仕事でしたが、何
とかこなし先ずは彦根城まで「いざ出発!」です。
 休暇村から湖岸道路に出 準備も大変
準備も大変
湖 畔
湖 畔
て、彦根城までが午前の行
程で、まず出てきたのが岬
を越えるちょっとした峠道
です。久しぶりの自転車で、
ちょっと面喰いましたが、
ちょうどよいウォームアッ
プと割り切り皆頑張って湖
岸に出ました。今回のサイクリングは、心臓に不安のあるA氏が自転車を見送ったた
湖岸道路
湖岸道路
め、サポートカーの回送役を引き受けてくれました。
(写真「湖畔」の左端ラフな格好がA氏)
 湖岸道路はアップダウンが全くない広い道で、車道と
はしっかり縁石で分かれているため老人でも安全に走れ
ました。左手に雄大な琵琶湖の景色を見ながら快適に走
る事約2時間、彦根の街並みに入り彦根城が見えてきま
した。駐車場でサポートカーと落ち合い、彦根城をじっ
くり見学しました。
 彦根城は関ケ原の合戦後の論功行賞で井伊家当主直正 彦根城
彦根城
が石田三成の旧領を拝領し、次代の直継が彦根に城を構
え、次の直孝の代(1,607年頃)に天守が完成したとのこ
とです。そしてこの天守は昭和27年に国宝に指定されま
した。さすが国宝だけあって素人目にも素晴らしいお城
でした。お城をゆっくり見学後彦根の街へ。彦根の街並
みは古い建物が残り、旧城下町に倣って整備したことも
あり、落ち着いた風情のある観光名所になっていました。
街 並
街 並
ひこにゃん
ひこにゃん
 彦根といえば、数年前か
ら話題になりだしたご当地
マスコットキャラクターで
「ひこにゃん」が大ブレー
クしましたが、タイミング
よく街のイベント広場で本
物の「ひこにゃん」に会え
ました。彦根の街でゆっく
り休憩を取った後、次の目標地点20q先の長浜へ向けて出発しました。道は相変らず
平坦な湖岸道路で天気も良く、風もなく最高のサイクリング日和で、皆快調に飛ばし、
道の駅に寄ったり、巨大な長浜観音を拝んだりして無事長浜に到着。
 長浜では、鉄筋コンクリート作りの長浜城(現在は長 快調に飛ばす
快調に飛ばす
浜城歴史博物館となっている)を見学しました。
 長浜城は浅井長政から湖北の覇権を奪った羽柴秀吉が
造った城で、清洲会議で柴田勝家に譲られその後山之内
一豊が城主になったりしたそうです。その後廃城となり
部材は彦根城などで使われたようです。
 ここで今日の自転車走目標は達成でしたが、もう少し
行けるところまで走ろうと、湖岸道路を更に北上しまし
た。ここで事件が発生しました。サポートカーとは姉川を渡った辺りのPで落ち合う
ことにしていましたが、我々が姉川を過ぎてもサポートカーの影も形もありません。
さらに走る事数分、皆疲れ果ててストップ。電話確認したところ、サポートカーはP
が見つからず10数キロ先まで行ってしまったとの事でした。数十分後に落ち合い無事
二日目の宿琵琶湖湖北古橋の「己高庵」に投宿しました。この日の自転車での走行距
離は約50km、年の割にはよく走ったものです。
 3日目は、昨日もう十分走ったということで自転車は終了、観光旅行だけとして宿
周辺の行基や最澄ゆかりの寺社を参拝しました。この辺りは白山を霊場とする十一面
観音信仰の流れを汲み、十一面観音を本尊とするお寺が多数あるとの事です。鶏足寺、
石動寺の立派な十一面観音を拝みました。いずれも平安時代の作とのことで重要文化
財に指定されているそうです。
石動寺十一面観音
石動寺十一面観音
 長浜に戻って連絡船で琵琶湖最大の島竹生島に渡り、
西国三十三観音霊場第三十番札所の宝厳寺に参拝しまし
た。この島には急峻な斜面に宝厳寺の本堂、三重塔、観
音堂などの建物が建ち並び、国宝や重要文化財に指定の
ものが多くありました。ここで皆思い思いに祈願し船に
戻りました。さて、M氏は何を祈願したのでしょう?
 船で長浜に戻り一路東京へ、帰路は東名高速道路が開
通していたので、長浜ICから名神高速、新東名高速。東
名高速道路、圏央道経由の6時間ほどのドライブで昭島 M氏は何を祈願?
M氏は何を祈願?
に無事到着しました。
 今回は皆あまり馴染みのない琵琶湖湖北へ行きました
が、よく聞いている戦国武将ゆかりの城や神社仏閣が多
いのに驚き、奈良、平安時代の仏像もたくさん拝観出来
ました。また、大きな船で30分も航行してやっと竹生島
に着けるなど、琵琶湖の大きさに驚きました。
 反省点として、往復に時間がかかり過ぎた感があるの
で、次回があるとすればもう少し近いところを走ろうということが12月の反省会の議
題になりそうです。
 
2018.10. 1 HPに初登場、『動画』のご紹介    本部幹事:竿田史郎
 
  HPに初登場、『動画』のご紹介 本部幹事 竿田史郎
 
 今年のOB会総会は、9月15日(土)に大田区産業プラ 竿田_本部幹事
竿田_本部幹事
ザで開催されました。その様子はHPの行事コーナーに
掲載されており、皆さん方も既にご覧になられたことと
思います。
 紹介文と共に、会場内でのスナップ写真もご覧いただ
けます。出席されなかった皆さんにも総会の雰囲気を味
わっていただき、出席者の姿を懐かしくご覧いただきた
いとの思いから、毎年できるだけたくさんの写真をアッ
プしてきました。
 今回はOB会HPの写真についてご紹介します。
 
           従来の機能「写真」について
 
 OB会のHPでは、文章の所々に小さめの写真や挿絵を載せており、青い縁取りの
あるものはクリックすると大きな写真が表示されます。文章の途中に大きな写真が入
ると読みづらくなるので、「見たい写真だけ大きくしてご覧ください」という配慮の
つもりです。なので拡大す 青い縁取りは拡大できる
青い縁取りは拡大できる
拡大できない写真(青い縁取りがない)
拡大できない写真(青い縁取りがない)
る必要がない挿絵や一部の
写真には青い縁取りがなく、
クリックしても何の変化も
ありません。右の2つの写
真をクリックして、違いを
比べてみてください。
 
 
 ところで、「写真を大きくして見ても、人の名前が出てこない」なんていうことが
ありませんか。集合写真にはそんなときのために、カーソルを近づけると名前が表示
される仕組みも用意しています。右の写真をクリックし 名前が表示される写真
名前が表示される写真
て大きい写真を表示し、矢印を顔の近くに合わせてみて
ください。名前が顔に被らないようにするコツは、矢印
を頭の右上あたりにゆっくり合わせることです。名前が
人物の上方に表示されますので、やってみてください。
 名前を表示させるには準備に手間が掛かるため、すべ
ての写真にという訳にはいきません。大人数での集合写
真だけに表示させますので、ご容赦願います。
 
            新機能「動画」について
 
 出席されなかった皆さんにもっと臨場感を伝えたい、そんな思いから今度は動画を
ご覧に入れることにしました。動画といっても写真の見せ方に動きを付けたものです
が、不思議なことに錯覚で人物が動いているかのように見えてきます。BGMが流れ
る中、皆さんの声も入っていますし、社歌を合唱する人々の歌声も聞いていただけま
す。
 今回の総会の動画と併せて、3年前に東京湾クルーズの船上で開催した「第40周年
総会・懇親会」の動画もご覧ください。栃木からも貸切バスで多くの方々が参加され、
楽しく賑やかだった懇親会の様子を見て感じていただけるものと思います。
動画の操作方法
動画の操作方法
  
 なお動画は「ユーチューブ」という仕組みを使ってい
ますが、初めての方のために簡単な「操作方法」をご紹
介しますので、左の写真をクリックしてください。もし
説明で分からない場合は、「ユーチューブ」の使い方を
知っている方に相談してみてください。
  
 
 操作方法が分かったところで、下の『動画』ボタンをクリックしてご覧ください。
左側は今回の第43回懇親会の様子で、右側は3年前の第40回総会・懇親会の様子です。
この10月トップページは11月1日になると内容が変わりますが、これらの動画は行事
コーナーのそれぞれの記事からもご覧いただけるようになります。
第43回懇親会
第43回懇親会
40回総会・懇親会
40回総会・懇親会
 
 動画はいかがでしたか? ただ動画を作るには結構な手間が掛かるため、総会の度
に必ず作るとのお約束はできかねます。ご理解のほど、お願いいたします。
 
          投稿が頼りの「季節の風物詩」
 
 写真といえば、HPの最初に現れる『季節の風物詩』のコーナーが一番の人気者で
す。当HPが目指している参加型の象徴的コーナーで、毎月送っていただく皆さんの
写真で成り立っています。しかしピーク時には毎月十数名の方に参加いただきました
が、このところ参加者は若干少なく固定化しているようです。
 お一人3枚までとしていますが、少々多くても、あるいは1枚だけでも結構です。
またデジカメに限らず、プリント写真でもOKです。その場合は最寄りの幹事にお届
けください。どうか皆様、気軽に参加していただくようお願いいたします。
 
           保管している写真の数は?
 
 当HPが11年前にスタートして以降、基本的にすべての写真を保管しています。で
すから、例えばHPのオープニングセレモニーを行った第30回総会・懇親会の様子も、
当時と同じように写真付きの記事を見ることができます。試しに3行下の[2005.10.1]
の文字をクリックしてみてください、その記事にジャンプします。
(見終わったら、画面左上のボタン[トップ]を押して、ここに戻ってきてください)
 
 
 
 では、これまでにどれ位の写真が作られ保管されているのか、私も知りたくなって
数えてみました。なんと、全部で 27,600個です。HPはこの中から見たい写真を瞬時
に探し出し、画面に大きく表示してくれたり、名前まで思い出させてくれます。OB
会にとっては、インターネット様々ですね。
 
              参加のお願い
 
 ホームページワーキンググループも先輩方の後を引き継ぎ、現在は清水リーダー・
関根氏・竿田の3名が担当しています。今後もより一層親しまれるHPを目指し、努
力してまいります。
 しかし当HPは会員参加型であり、何といっても皆さん一人ひとりの参加と協力が
必要です。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
 
【 注 記 】
 OB会HPでは、動画を見るのに「ユーチューブ」を利用していますが、その際に
「限定公開」という方法を選択しています。すなわち、このHPの『動画』ボタンを
押せば見えるという仕組みで、世界中の人に公開している訳ではありません。
 
2018. 9. 1 光と目、色と色覚           本部監査:加藤邦昭 
 
光と目、色と色覚 本部監査 加藤 邦昭
 
 最近、感動した一つに、人間が見えている色、動物が 加藤_監査
加藤_監査
見えている色、目の不思議があります。光と色と視覚、
そして目についてのことを読みました。それを書いて見
ました。
 詳細は参考のwebを見て下さい。
 最近、世の中でも当社でも、画像処理システムが大変
増えてきています。色や目、視覚のことは参考になるか
もしれません。
 
1.光
 光は電磁波という電気と磁気が交互になる横波です。電波と同じ波です。しかし近
年、波といえども、光子という粒子の性質を持っている。粒子の性質があることは定
説になっています。基本的に、
 ・光とは、人間の目を刺激して明るさや色を感じさる。
 ・光は電磁波という現象ですが、その色は人間や動物の中で存在する。
 ・光すなわち電磁波の周波数(周期)が人(動物)の視覚細胞を刺激し、
 ・その刺激が色の信号として脳に伝えられ、色は脳で始めて認識される。
 色が光にくっついているわけではなく、識別出来ているのは、視覚の信号に基づい
て脳が色を塗っていると言える。
 光と色及び色と視覚を区別して考えた方が、現象を捉え易いと思われる。
 
2.水は何色でしょう
 水は無色透明です。しかし、白い場合、黒い(灰色)場合、七色の場合と色々変わ
ります。すなわち色が着いてきます。
 水の小さな粒は雲になります。水の粒は小さいので光を通さず、光を乱反射させ、
白く見える。光が当たらない部分は、僅かな反射で灰か黒に近くなります。水の粒が
もう少し大きくなると、光が通り、水の粒に光が通ると、光の周期により光に含まれ
る色々な光がその屈折率により屈折角が異なり、分光され、虹になります。すなわち
光が7色に分かれて見える虹色・レインボーカラーに見えます。水には色が着いてい
ないのに様々な色に見える。すなわち結果として、その光を受けた人の目が刺激を脳
に伝え、脳が色を塗っているのです。そして、ものに光が当たり、吸収及び反射の時
に色の信号が発生します。そして目からの情報で脳が色を作り、認識するのです。
 
3.目・色覚について
 東京大学 大学院 新領域創成化学研究科 先端生命科学専攻 河村正二教授のお
話しを紹介します、詳しく知りたい場合は下記のURLを見て下さい。
 https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/16/012700001/
 私たちは、普段の生活で目を使った視覚情報を得ている。その他耳、鼻、皮膚等の
様々なセンサにより、沢山の情報を得ている。それらの情報の中で視覚情報は大変大
きなウエートを占めている。 光と音を比較すると、分解能、精度、安定性は光の方
がいずれも高い。すなわち目は目以外のセンサよりも、精度、分解能に優れているの
です。
 動物によって、生活する環境により、光が少ないとか不安定な場合、匂いの感覚、
接触感覚、音の感覚などが発達してきますが、ヒトは地上という環境で、安定した光
の情報を認識する視覚情報が発達してきたと思われます。そして、視覚情報には色が
ある。赤、緑、青、と識別出来る。明暗だけよりも色の情報が加わると情報量は飛躍
的に多くなります。視覚があるから、世界は色彩にあふれて非常に美しい。そして素
晴らしい。
 
4.色覚を持つ動物
 はっきりと色覚を持つのは動物の中でも、昆虫などの節足動物とヒトが含まれる脊
椎動物だけです。タコやイカについて、皮膚が変化したレンズに似たようなものを持
っているが、明暗から一歩進んだ、色覚の証拠が現在は無い、将来ヒトのような構造
が出来ないと言い切れないが、今はない。
 脊椎動物は魚類から霊長類まで、共通祖先の段階で色覚を持っていて、それが節足
動物魚類、脊椎動物の進化に大きな役割を果たしたと考えられている。そして今も各
環境に合わせて、進化を続けている。すなわち常に変化しているのです。
 
5.ヒトの目の構造と視細胞
 ヒトの目の構造を図1に示します。目の奥にある網膜 図1 目の構造
図1 目の構造
に、光を感じるセンサとなる視細胞と呼ばれる細胞があ
る。視細胞の前にガングリオン細胞、双極細胞、水平細
胞、アマクリン細胞など、色々な組織があるが光を感じ
る組織ではない。進化の中で踏襲されている構造である。
 視細胞は、大きく分けて2種類あります。形状から棒
のような形の桿体細胞と、キリのような錐体細胞がある。
図2に示します。
図2 桿体細胞(左)と錐体細胞(右)
図2 桿体細胞(左)と錐体細胞(右)
 視細胞である桿体、錐体共に複雑な膜構造がある。桿
体細胞は円盤状の膜構造体がぎっしり詰まっている。
 錐体細胞の場合は細胞膜そのものが入り組んでいる。
ここの部分の膜に光のセンサの分子が埋まっている。入
り組んでいるのは、情報を多くするために表面積を稼ぎ、
よりたくさんの光のセンサを埋め込める構造です。
 桿体細胞は大変な高感度である。薄明視といい、光子
1個でも反応する究極の素晴らしい高感度センサである。
 錐体細胞は桿体ほどの感度はなく、明るいところで働く、主に色に関する視覚の働
きをする。桿体と錐体細胞からの情報を合せ、薄暗がりから真昼までの、広いダイナ
ミックレンジを持つことが出来る素晴らしいコンビネーションセンサである。
 光が少ないところでは色はわかりにくい。それは桿体と錐体の役割分担からである。
ヒトの錐体細胞は赤、緑、青に反応する3種類がある。
 桿体細胞及び錐体細胞の中に特に光に反応する視物質がある。視物質はオプシンと
呼ばれるタンパク質とレチナールと呼ばれる色素の組み合わせで、出来ている。
 光及び色を認識する要素を下記に示す。
 ・(タンパク質)オプシンの中に(色素)レチナールが組み込まれている。
 ・レチナール(色素)は光を受けると素早く構造が変化し、
 ・オプシン(タンパク質)がそれを刺激として受け、構造変化を起こす。
 ・それを引き金として情報伝達系が活性化される。
 ・最終的に視細胞全体が「過分極」すなわち視細胞が興奮した状態になり、
 ・それが電気信号発生となる。
 ・脳にその電気信号が伝わり、明るさと色と認識する。
 これまでの説明をまとめると、この素晴らしいセンサは下記のようなプロセスで光
と色を認識します。
 網膜 → 視細胞 → 桿体・錐体細胞
    → 視物質 → オプシン(タンパク質)・レチナール(色素) → 電気信号
    → 脳での光と色の認識
 色素レチナールはビタミンAから合成される。ビタミンAの僅かな種類の違いはあ
るが、脊椎動物ではだいたい同じである。
 タンパク質オプシンは様々なバリエーションがある。ヒトの錐体細胞に赤、緑、青
に対する3種類があるのは、タンパク質オプシンのバリエーションによる。
 
6.視 覚
 ヒトの場合、3種類の錐体細胞L、M、Sがある。光の波長がロング(L)、ミド
ル(M)、ショート(S)で赤、緑、青を認識する3種類の錐体細胞がある。すなわ
ち3種類のオプシンがある。更に素晴らしいのは、この3種類のアウトプットの比率
も脳で処理され、中間の色も認識できる。
 ヒトの場合は3種類だが、多くの哺乳類ではM(ミドル)がなくて、L(ロング)
とS(ショート)の2色形である。霊長類以外の哺乳類のイヌやネコ、ウシも2色形
である。
 イヌは白黒で世界を見ていると言われることがあるが、それは間違いで白黒ではな
く、青と黄の世界といった方がまだ近い。すなわち2種類と言えども、色は識別され
ている。2種類のため3種類に比べると、色の種類はぐっと落ちる。2種類のセンサ
でも、それで光の波長を識別できるので、それに応じた色の世界があるわけです。
白黒というのは単に明るいか暗いか明暗の階調であり、根本的に異なる。
 同じ3色形でも色々ある、ミツバチも3色形であるが、図3のように感じる波長の
ピーク値がヒトと異なる。
図3
図3 錐体(オプシン)のレパートリーの多様性
 図3のようにミツバチはL(赤)、M(緑)、S(青)
の感度のピークがヒトに比べて離れて独立している。
ヒトはL(赤)とM(緑)が近づいていて、L(赤)と
M(緑)の片側だけが刺激を受け興奮しても、近いため
もう一方も興奮してしまう。ミツバチの場合は3種類の
センサがかなり独立し、全体の可視範囲幅も広いので、
識別できる色が増える。ミツバチはヒトよりもっと色彩
あふれる世界に住んでいると言えるかもしれない。
 そして更に鳥類は4色形である。L(赤)、M(緑)、S(青)にVS(ベリーシ
ョト;紫外線)がある。鳥類は紫外線も見えるため、ヒトや昆虫に比べ、鳥類が一番
識別できる色の種類が多いと言える。紫外線が識別できると、たとえばヒトには1色
にしか見えない花びらに実は模様があるのが、鳥類は分かったりする。
 昆虫、ヒトを含む脊椎動物、鳥類等々いるが、各々生きていく上で変化・進化して
きたと思われます。
 細かいバリエーションがあるが、L(赤)、M(緑)、S(青)、VS(紫外線)
の錐体センサ及び桿体センサの5種類がある。脊椎動物がこれまで使ってきたセンサ
がこの5種類だと言われる。脊椎動物の共通先祖の段階で、既に5種類が出揃ってい
たと考えられている。
 約5億年前に起きた、「生命のカンブリア爆発」では,生物の進化の歴史の中で多
様性が花開き、進化の過程で縮小や、無くなる機能もある。
 光のセンサすなわち視覚で言えば、魚類のバリエーションが一番豊富であり、哺乳
類以外の脊椎動物はだいたい4種の色覚を持っている。
 哺乳類については、いったん緑形と青形を無くして、赤と紫外線形の2色形になっ
てしまった。その後、いったん無くした緑形を赤形のサブタイプとして、新たに作り
出したことや、紫外線形だったものを青方面に寄せて、青形のように使っていること
が分かっている。このように頻繁に変化しているのです。
 魚類のバリエーションが多様なのは、水中の光環境が陸上に比べ、非常に多様なた
め(すなわち不安定な光の信号)に対応する魚類のバリエ−ションが多様になってき
たと考えられている。水深によっても届く光の波長が大変変わってくる。更に浅い海
と深い海、海と湖と河川で違ってきます。たとえば、海は約400ナノメータ(約400×
10−9メートル)くらいの光が最も透過性がよく、他は吸収され易い。そのためにヒト
の目には青っぽく見える。湖や川の水がなんとなく緑っぽく見えるのは、主に植物プ
ランクトン等の様々ものが混ざっているため、より長波長にシフトして緑っぽく見え
る。海と川を行ったり来たりするウナギとかサケは、海にいるときは短波長のセット、
川にいるときは長波長のセットとセットを切り替えている。魚類の色覚については複
雑で大変興味深く、研究も多く進められている。
 
7.ヒト以外の動物の目も様々
 ネコの瞳孔が縦に長いことはよく知られているが、ウマの瞳孔が横に長いことはあ
まり知られていません。動物により瞳の特徴は様々だが、その傾向は一定の法則があ
ることが分かってきました。
 縦長の瞳孔は体高が42cmまでの肉食動物に多く見られる特徴である。全てではない
が大半の動物に縦長の瞳孔の特徴が見られた。しかし、トラやライオンなどの大型動
物は同じネコ科でもイエネコのように縦長の瞳孔ではなく、ヒトと同じ円形の瞳孔を
持っている。
 縦長の瞳孔の利点は、「被写界深度(ピントが合う距離の広さ)」の深さ(範囲の
広さ)にあります。この特徴は,深い被写体深度で獲物の間合いを測りつつ、じりじ
りと距離を縮めていくタイプの肉食動物にとって大変有利に働くと想像できます。
また、小さなサイズの動物に、この特徴が見られることは、より低い位置から獲物に
近づく方が気配を察知され難い、ということが容易に推測できる。一方、獲物となる
草食動物は横型スリットの瞳孔を持つことで、水平方向の視野角を持つことができま
す。視界の広さは敵の存在を早く察知するためにきわめて重要で、逃げる際にも状況
を見失うことがありません。この場合は体高によらずこの特徴を持っています。例え
ば、ウマの目はほぼ真横に着いている。広い視野角を確保するために大変有利である。
そのため、ウマは正面、側面、後方がほぼ同時に見えるといわれています。また草を
食べるときにも瞳孔のスリットを水平に保てるように、眼球がぐるりと回転する機能
まで備えています。環境に適応するために、様々な機能が進化しているのが良く分か
ります。
 
8.不思議な視覚、目
 これまでに述べたように、視覚や目の構造は実に繊細で、生きている環境により、
様々に変化する。現在も変化しています。例えばアフリカのヒトの目は2.0以上の視
力がある素晴らしい目を持っています。しかし、日本や欧米のヒトの視力は良くて
2.0である。それは,生物の進化の中で、きわめて早い変化であると思われる。
 目とか光、色の研究は、今後カメラ、照明、情報処理等の画像処理技術に応用され
る考え方がたくさんあるような気がします。これからの画像処理技術の進歩・変化が
楽しみです。
 
<参考資料>
 https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/227278/021200039/
 色覚はなぜ、どのように進化してきたのか:東京大学 色覚の進化 河村正二(1)
 https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/227278/021200040/
 「色」は光にはなく、脳の中にある:東京大学 色覚の進化 河村正二(2)
 https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/227278/021200041/
 魚の色覚はすごい!: 東京大学 色覚の進化 河村正二(3)
 https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/227278/021700042/
 なぜ霊長類はまた3色型色覚を獲得したのか:東京大学 色覚の進化 
                             河村正二(4)
 http://eye-media.jp/entertainment/%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%AE%E7%9E%B3/
 「目」を見れば、肉食か草食かわかる? 実はこんなに違う“動物の瞳”
 http://eye-
  media.jp/entertainment/%E7%94%9F%E3%81%8D%E7%89%A9%E3%81%9F%E3%81%A1%E
  3%81%AE%E7%9B%AE%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%82%92%E8%AA%B
  F%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/
 あの動物はどんな目を持ってるの? 生き物たちの目の種類を調べてみた
 http://eye-
  media.jp/entertainment/%E5%93%BA%E4%B9%B3%E9%A1%9E%E3%81%AE%E7%9B%AE
  %E3%81%AE%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA/
  体の大きさよりも走る速度に由来!? 哺乳類の“目のサイズ”の秘密
 
2018. 8. 1 歴史ロマンへの目覚め         本部監査:太田安穂 
 
歴史ロマンへの目覚め 本部監査 太田 安穂   
 
 きっかけは、墓を購入したお寺から2014年に高野山開 太田_監査
太田_監査
創1,200年に合わせ住職が先導する参詣旅行の勧誘があ
り、良い機会なので参加を決意した。その際、日本3霊
場の1つであると聞き、他の2つは何処かと調べると、
比叡山、恐山であった。恐山は、青森下北半島と高野山、
比叡山に比べると遥かに僻地と呼ばざるを得ない処で、
車利用が不可欠と思われ、早い時期に実行しないと行け
なくなると思い、気ままな一人旅を計画した。友人に話
したところそれならば、是非「三内丸山遺跡」を見てこいと強く勧められ、丁度通り
道に当たっていたので立ち寄ることにした。この遺跡は、本来、新しい県営野球場を
建設する為に1992年事前調査をしてこの遺跡が大規模な集落跡とみられることが分か
り発掘調査を進めて、2000年に国特別史跡に指定された。実際に見学すると、球場用
地の候補だけあって、広大で、脇の方では、まだ発掘調査を続けているとのこと。
北の谷(低湿地)
北の谷(低湿地)
 竪穴住居が点在する中に6本足の櫓、50人位が会議で
きそうな大型竪穴住居、大型掘立柱建物・掘立柱建物等
が復元展示されており、ガイドの説明を聞きながら見学
した。竪穴住居は30cm位地面を掘り下げているため中に
入って見ると思いのほか広く、真ん中で囲炉裏を作って
も10人位は、寝られそうである。圧巻は、ゴミ捨て場の
断面で3〜4mの深さに垂直に掘ってあり、その断面に貝
殻・土器の破片が顔を覗かせていた。1.500年間継続的に
使用されていた痕跡だそうである。
 ガイドの説明によるとこの三内丸山遺跡の発掘調査により、日本の古代史が大幅に
見直されているそうで、帰宅後、縄文時代を含めた古代史に興味を覚え、勉強を始め
て見ると今まで教わって事が次々に覆ってきた。NHK等の特集番組でも頻繁に取り組
まれているので、それについて述べたい。
 「三内丸山遺跡」は、青森駅から約7km、八甲田山から続く緩やかな丘陵の先端に
位置し、標高は約20mで、遺跡は約40ヘクタールの広大な範囲に広がっている。今から
約5,500年前〜4,000年前の長期間にわたって定住生活が営まれていた縄文時代の集落
跡である。
 概略での解説では遺跡には竪穴住居跡、大型竪穴住居跡、大人の墓、子どもの墓、
盛土、掘立柱建物跡、大型掘立柱建物跡、貯蔵穴、粘土採掘坑、捨て場、道路跡など
が見つかり、集落全体の様子や当時の自然環境などが具体的に理解されるようになっ
た。また、膨大な量の縄文土器、石器、土偶、土・石の装身具、木器(掘り棒、袋状
編み物、編布、漆器など)、骨角器なども出土している。遺跡から出土した栗をDNA鑑
定したところ、それが栽培されていたものであることなども分かり、多数の堅果類
(クリ・クルミ・トチなど)の殻、さらには一年草のエゴマ、ヒョウタン、ゴボウ、
マメなどといった栽培植物も出土した。
 三内丸山の人たちは、自然の恵みのみに依存した採取活動ではなく集落の周辺に堅
果類の樹木を多数植栽しており、一年草を栽培していた可能性も考えられる。このこ
とを通してこの遺跡の居住者数は数百人と考える事ができるとある。
 勉強をし始めて改めて理解した事は、縄文時代は 櫓&岩木山
櫓&岩木山
15,000年前〜2,300年前と云うのが現在の説で、定義は、
農耕稲作以前の縄文土器を利用し、定住していた時代と
云う事であろう。1962年発行の百科事典には、弥生文化
の前に6,000?7,000年間栄えたとあり、7,000年以上長く
なっている。放射性炭素年代測定方法が確立されたのが
1960年代であるから致し方無いと云えるが全く間違った
事を教わっていたことになる。因みに弥生文化も現在は
開始時期が2,000年ほど遡っているようである。
 見方を変えて地球物理学的に見ると20,000〜18,000年前は、ウルム氷期と呼び最盛
期には気温は現在より8℃低く海水面は現在より140〜150mも低下し、北海道・樺太は
本州と地続きになり、中国北部からオオツノジカ・野牛など、シベリアからヘラジカ・
マンモスなどが渡って来て、これらの生物と一緒に人(新人)も渡来した。縄文時代
の始まりの15,000年前と云うのは、温暖化により海峡が出来、大陸との往来を遮断さ
れ取り残された獲物だけでは、狩猟生活が成り立たなくなって定住集団生活を始めた
と思われる。その後も温暖化が進み「縄文海進」と呼ばれる海面上昇を続け5,000年前
に頂点に達した。すなわち、縄文時代とは、海面が100m以上上昇し、温暖化による異
常気象・地震・植物相の変化等環境的には、非常に厳しかったと考えられる。
 話を「三内丸山遺跡」に戻すと先ず驚くのが高さ25m位ある6本脚の櫓の復元展示物
六本脚の櫓
六本脚の櫓
である。発掘跡には、直径2m位の穴が3個×2列綺麗に
並んでおり、復元したものは遥かに見上げる構造物にな
っている。柱の材料は、ほぼ栗が使用されているそうで、
樹齢100年以上の大木をクレーンなしで運搬・設置するか
を想像すると、諏訪大社の御柱祭のように統率が取れた
数十人の曳手による作業であろう。この事からもこの集
落が数百人規模であったと想像できる。
 更に全く認識していなかったが、土器が水瓶・穀物容
器として用いられただけでなく、煮炊き用の鍋として利用されていたことである。栗・
クルミと共に栃の実の殻が見つかっていることから栃の実・ドングリの渋抜き術を持
っていたとすれば採取活動のみに頼っていたとしてもそれ程貧しくはない。
 一番間違えて認識していたのは、生活基盤は、狩猟・漁労で鹿・猪を狩り、槍で魚
を突くと思っていたのが土器の底の残渣をDNA鑑定した結果、鹿・猪の大型動物ではな
く、兎・鼬・獺等の小動物を、魚・貝類は海・川問わず広範囲に食べており、食料確
保にそれ程苦労しなかったと思われる。栃餅を入れた兎鍋、石狩鍋など美味しそうで
ある。石器時代の終わりには、磨製石斧、釣針、丸木舟、弓矢は存在していた。更に
遺跡から 袋状編み物、編布等も見つかっており、縄を編んだ小動物用の罠、川に仕
掛ける網等も使っていたとすれば、三内丸山の人達の日常は、仕掛けた罠を見廻り、
丸木舟で釣りをし、海岸で貝を拾う、と云った悠々自適の生活を送っていたと思われ
る。更に、今回の遺跡訪問で一番感心した事は植樹を行っていた事である。集落の周
辺に堅果類(栗、クルミ、トチなど)の樹木を多数植栽 掘立柱倉庫
掘立柱倉庫
しており、自然の恵みのみに依存している訳でなく、森
を育てていた事である。堅果類は、食用、建材、燃料と
して利用されただけではなく森の育成は、地盤を強化し、
腐葉相は、水を貯え、浄化する。
 現在でも、カキの養殖業者や漁師が海の環境を守るた
め団体で山に入り植林をすると聞く。
 防災上も非常に有効で、地震・台風・火事への耐性が
高くなり1,500年間も住み続ける事が出来た。出土品に黒曜石、メノウ・翡翠があるこ
とから北海道や糸魚川等と頻繁に往来していた事実があり、6本足櫓も旅行者の為の
大型竪穴住居跡
大型竪穴住居跡
ランドマークとして建築されたとすると、この場所は、
他に広く知られた交流の盛んな集落であった。しかし、
他の文明が辿った、木の盗伐、備蓄食料の簒奪等、土地
を巡っての部族間での争いに明け暮れ、城壁による囲い
込み、都市国家の誕生という過程を踏んでいない。
 これからは、あくまで、私の夢想であるが、私達の先
祖である縄文人は、自然を慈しみ、奉仕する事によって
その豊穣たる恵みを感受しながら泰然と暮らすことを選
択した。2,300年前まで縄文時代が続いたのは、大陸の農耕国家に対し魅力を感じなか
ったのではないか。この遺跡は5,500年前からと説明された時から中国4千年よりも前
ではないかと思い、調べて見ようとする意欲が湧いて来た。
 全く別な話であるが、日本人のDNAは、中国人、韓国人と全く違っており、系列から
は、アフリカからユーラシア大陸に渡った早い時期に分 竪穴式住居
竪穴式住居
化した形跡があるそうで、縄文時代誕生時から生活して
いた人が我々の祖先であり、他から移住して来た痕跡は
ない。我々が受けた自虐史観に満ちた教育では、我が国
は、弥生時代に中国・朝鮮を介して文化が流入し、原始
生活から文化生活に変わったと教わった。しかし、世界
の四大文明が始まる時期に我々の祖先である縄文人達が
豊かな生活していたことは確かである。そして、エジプ
ト・シリア・イラン等、かっての文明が栄えた処が今は荒涼たる砂漠になっているの
に比べ緑生い茂る森に囲まれた青森の丘に立つとどちらが賢いかと思う。
 最近、芸能人が田舎に引っ越して畑を耕し、自給自足の生活を始めるとか、スロー
ライフの生き方が話題になっているが、この縄文人の生き様そのものではないかと考
えると、これは文明と云ってもいい文化だと嬉しくなった。
 私達は、この遠い祖先に対し尊敬と畏怖を抱きながら誇りを持って良いのではない
かと強く訴えたい。
 最後に、年代測定法・DNA解析等の科学の進歩により、新しい発見、定説の否定・見
直しが次々に発表されている。更に人類誕生、日本人のルーツ、日本列島の出来方等
興味ある内容の本も次々に出ているので今後も捉われる事なく、広く勉強して夢想し
ていきたいと思う。
 
2018. 7. 1 医学の進歩は何を変えるのか       本部幹事:清水国明  
 
医学の進歩は何を変えるのか 本部幹事 清水国明  
 
 OB会の皆さんには、お馴染みの検査方法でしょうが 清水_本部幹事
清水_本部幹事
私は、この春に初めて内視鏡による超音波検査、MRIによ
る内臓検査を受診しました。結果は経過観察ということ
だったので、画像処理の技術の素晴らしさに感心し、感
謝しました。
 最近の医学とその周辺技術の進歩はめざましく、今年
度にはiPS細胞で心臓の筋肉のシートをつくり、心臓病患
者に移植する世界初の臨床研究計画が開始されるそうで
す。また、民間企業が中心となって、尿の検査によって癌を早期発見する研究も進ん
でいるそうです。このような予防医学や治療医学の進歩に関しては異論なく賛同でき
るのですが、暴走すると人類に危険が及ぶ技術も存在します。
 
1.「ポストヒューマン」誕生
バイオテクノロジーの進化
バイオテクノロジーの進化
 1950年代にDNAの「二重らせん」構造が解明されて以
来、生命科学と遺伝子工学が飛躍的に発展しました。
今やバイオテクノロジー革命と呼ばれる時代となってい
ます。米国の政治学者フランシス・フクヤマは、このこ
とを脅威と考え、人間の性質を変え、私たちが歴史上
「ポストヒューマン(人間以後)」の段階に入るかもし
れないからだ。と言っています。人間の尊厳を擁護して
遺伝子組み換えに反対の立場をとりました。
 これとは正反対の立場で、人間に対する遺伝子組み換えも賛成すべきだと主張した
のが科学者のグレゴリー・ストックです。彼は著書の中で、私たちが最終的に姿を消
すに至る道は、人類の失敗によってではなく人類の成功によって切り開かれるかもし
れない。徐々に漸進的に自己変容していくことによって、子孫を現在使われているよ
うな意味で人間とは呼べないほどに現在の人間とは違ったものに変えてしまうことが
できるかもしれない。ホモサピエンスは、その進化を急速に前進させることによって
自らの後継者を生み出すだろう。と述べています。
 これらの議論の念頭に置かれているのは、生殖細胞系 遺伝子組み換え
遺伝子組み換え
列の遺伝子改変です。具体的には受精卵に対して遺伝子
操作を行います。この技術によって遺伝子が改変される
と、それが次の世代へと引き継がれていきます。この改
変を何世代か繰り返していけば、やがて全く違った生物
(ポストヒューマン)が誕生するというわけです。
 「遺伝子操作」という言葉だけを捉えると、ナチス・
ドイツの「優性主義」を思い出し、さらに最近ニュース
報道されている国家による強制された「不妊出術」とかぶって、恐怖が先にたちます
が、それらとは異なる問題です。
 
2.クローン人間は認められるのか
 1996年に世界初の体細胞クローン羊「ドリー」が誕生しました。この時、すぐさま
クローン人間が世界的に話題になり、人間への応用が多くの国々で禁止されました。
これは1930年代にハクスリーが書いた小説「すばらしい新世界」に登場するクローン
というよりは、むしろコピー人間と言った方が適切な怪物のイメージからの誤解だと
言われています。
クローン
クローン
 体細胞クローンというのは、受精前の卵子から核を取
り除き、そこに精子ではなく、ある人物(A)の体から
とった細胞の核を移植するという方法です。
 クローン人間には、その人物(A)の遺伝情報が受け
継がれるのですが、核を移植された卵子(クローン胚)
は女性の子宮にもどさなくてはならず、その後は通常の
出産と同じ方法で生まれます。ですから、生まれた子ど
もを見ても、それがクローンかどうかは全く分からず、
いわば年齢の違ったAの「一卵性双生児」のようなものというのです。これがクロー
ン人間擁護論の論拠になっています。進化生物学者や生命倫理学者が展開しています。
 1970年代の試験管ベビー誕生のころは、たいていの人が恐れていたのが、現在では
ごく普通の出産方法になっているという事実もあります。特に両親が遺伝性の病気を
持っている場合(両親の遺伝子がそろったとき子どもに重篤な病気が発生する)は、
いずれかの親の遺伝子タイプをコピーして、クローンを作製すれば避けることができ
ると主張する学者もいます。
 哲学者は、アリストテレス以来「技術的に作られた」ものと「自然的に生じた」も
のは、「自明の対立項」となってきたが、現代のバイオテクノロジーによって「直感
的につけている区別」が混乱してきた結果、人間が技術の対象となり自然を変える技
術だったものが人間の自然(本性)を変えるようになり始めたのだと解説しますが、
人間の精神とか倫理を無視しているように思えます。
 
3.脳を見れば犯罪者が分かる?
 2011年10月、中国の仏山市で痛ましい事故が起こりました。2歳の少女が車にひか
れ、その車はそのまま走り去りました。さらに恐ろしいことが続きました。動かない
その少女を通行人は見て見ぬふりして、誰ひとり助けようとしませんでした。監視カ
メラの映像が、世界中を駆け巡り、衝撃映像として伝えらえました。この事実は、単
に中国人の道徳心の欠如では片づけられなくて、道徳を脳科学によって説明する学者
が現れました。他人を援助する道徳的な人と援助しない非道徳的な人の脳で、どのよ
うな生化学的な相違があるのか明らかになったというのです。これは20世紀の末に、
脳科学(神経科学)が飛躍的に進展し、MRIなどの脳画像法によって脳の働きが視覚
化されたことにもとづいているとのことです。
 哲学者でもある脳科学者のジョシュア・グリーンは、有名な「トロッコ問題」を使
って知的な活動と道徳的な活動が、脳の異なる領域で行われていることを証明しまし
た。トロッコ問題というのは、ブレーキの利かない暴走電車の進路の先に、5人の作
業員がいるとき、ポイントを切り替えると進路が変わる Aの状況
Aの状況
が、その先には1人の作業員がいる。という状況(A)
と、同じく暴走電車の先には5人の作業員がいるが、線
路の上の陸橋にいる1人の太った男を突き落すと5人が
助かる。という状況(B)です。
 Aの状況では、「5人を救うために、1人を犠牲にす
る」のですが、Bの場合には「5人を救うために1人を
犠牲にしない」のです。この違いが生じるのは何故なの
Bの状況
Bの状況
か、グリーンは脳画像法を使って、一つの解答を与えま
した。
 Aの状況で判断しているには、前頭前野背外側部であ
り、この部分は冷静に知的な推論を行う部位だそうです。
これに対して、Bの状況で判断するのは、前頭前野腹内
側部であり、ここでは情動や感情が大きく作用する部位
なので、太った男を落とすかどうかは情動に作用し、選
択されないとしています。この部分に損傷を受けた人間
は、太った男を突き落すのに躊躇しなくなるそうです。こうして、道徳的な態度と脳
の活動が関連づけられるようになりました。
 脳科学者は、犯罪を引き起こすのは脳の回路に原因があるのではないかと考えてい
ます。近い将来、「犯罪の原因は、その人の脳にある」と言われ、刑務所に収容して
矯正する刑罰制度が変わってくるかもしれません。
 
2018. 6. 1 今年も好きな球技、家庭菜園に頑張っています 矢板支部長:荒井 一夫   
 
今年も好きな球技、家庭菜園に頑張っています     矢板支部長 荒井 一夫
 
 今年度も子会社である東京計器テクノポートにシニア 荒井矢板支部長
荒井矢板支部長
職として契約を頂き、頑張っています。いつも、この時
期になるとトップページに何を書こうか悩んでいます。
何もない私ですので今回も趣味の球技、家庭菜園につい
て書きます。
 今年も1月、2月に野球(矢板シニア)、ソフトボー
ル(中西ソフト)の総会が行なわれました。懇親を深め
ながら、今年の活動方針及び昨年の反省等などが議論さ
れました。
 昨年は夏(8月)に、股関節及び肩を痛め(通称60肩)余儀なく運動が出来なく、
後半は休部状態になってしまいました。原因は医者曰く、年齢を考慮しないで頑張り
過ぎたということでした。私としても、今までこのような怪我をしたことも無く、自
信過剰の処があったような気がします。今年は、矢板シニア60歳以上の野球と地域の
ソフトのチームのみに登録を絞り頑張っています。
野球打撃フォーム
野球打撃フォーム
 昨年を振り返ってみますと野球チームの成績は5割と
今一であったが、個人の成績は夏までではあるが打率2
割8分の成績を残せたことで合格点でしたが、後半は怪
我をして休部状態になったことが残念でありました。
 ソフトについては勝率も良く、優勝2回あり、素晴ら
しい成績であった。個人としては、監督兼選手であり選
手としての機会が少なかったです。今年はチームの代表
になり出場機会が少なくなりますが、大いに更なる飛躍
のために貢献できるよう取り組んでいます。
 今年の矢板シニアの野球部は、1月31日から練習を開始しています。私としては、
体調が万全ではないのですが、誤魔化しながら無理をせず試合に出場させて貰ってい
ます。昨年から若い人も加入しており、層が厚くなりレギュラーの確保も大変です。
 今年の初めての大会は栃木県シニア大会が4月7日に宇都宮の会場にて開催されま
した。成績は1回戦が接戦で勝ち進み、2回戦で惜しくも抽選で敗退しました。個人
の成績は練習不足で代打要員で出場しましたが今一でした。
 5月には3日からの関東選抜足利市長杯争奪還暦野球大会に参加しました。参加は
関東地区の1都6県から32チームの参加があり、盛大に開催されました。結果は、1回
戦で群馬県の館林チームに1対0で善戦虚しく敗退しました。このチームのピッチャー
は77歳で元プロ野球東映の選手でした。また、ソフトボール(中西ソフト)については、
4月8日に矢板市長杯が開催され、成績は2回戦で敗退をしてしまいました。矢板の
5月以降の大会は全てナイターで開催されます。既に一般、壮年、50歳以上の大会が
行われました。一般については、決勝で善戦虚しく敗退して幸先良く準優勝でした。
 現在は、壮年のリ−グ戦で優勝を目指して頑張っています。これからも野球・ソフ
トボールの大会が目白押しにあります。まずは、故障箇所を早く治して、怪我をしな
い体力を作ることが大事です。
 近頃、引退しようか悩んでいますが、辞めるのは簡単ですが、体力・健康の維持を
するためには好きなことを継続してやることが大事であると考えます。家内も、もう
少し頑張ったらと後押しをしてくれています。此処にきて暖かくなったせいか、痛み
も消えて体調が回復してきたことで、再度ヤル気が起こり、モチベーションアップに
つながっています。やるからには、体力が続く限り頑張ります。更にチームとしては、
優勝(???)を目指して戦っていきます。期待してください。
 次に今年も、趣味として続けている家庭菜園に取り組んでいます。昨年は春先にジ
ャガイモ、トマト、キュウリを植えました。ジャガイモの収穫後、枝豆、手無南京を
植え、トマト、キュウリの後には、三浦ダイコン、ホウ 家庭菜園_1
家庭菜園_1
レンソウを植えました。出来栄えとしては、一番はトマ
ト、キュウリでした。
 去年の反省として、美味しい野菜を作るには、土壌作
りが一番大切です。そのために今年は、色々な教材等で
知識を深め、狭い自宅の庭の隅の畑に石灰、肥料、堆肥
を混ぜて耕して土壌を作り、じゃがいも、トマト、キュ
ウリ等を植えました。
家庭菜園_2
家庭菜園_2
 毎年のように、反省を踏まえて色々な野菜を作ってい
るのですが、土壌が悪いせいか、思った通りの野菜がで
きません。その中でトマトだけは毎年、10月頃まで収穫
が出来て家族に喜ばれています。トマトは水をあまりや
らない方が甘いものが出来るそうです。
 トマト以外でも美味しくて、沢山収穫出来るようにす
るには、失敗しながら経験を積むことが重要であると思
います。
 家族には買った方が「安くて美味しいとか」????と嫌味を言われないように頑
張ります。忍耐ですね。これからも家族に喜ばれる野菜作りに専念していきたいと思います。
います。
 
2018. 5. 1 雲海に出会う            那須支部長:池田 知之
 
雲海に出会う 那須支部長 池田 知之
 
 昨年10月、「ブナばやしをはじめとする広葉樹の木々 池田那須支部長
池田那須支部長
が、赤や黄など思い思いに色づき、湖の周りを色鮮やか
に染め上げる秘境・奥只見の紅葉!」というパンフレッ
トの文句に誘われ、1日目は奥只見湖とロープウェーで
八海山の紅葉を、2日目は田代高原(ロープウェイ)と
苗場高原(ドラゴンドラ)の紅葉を、3日目は三国峠の
紅葉を楽しむ2泊3日の旅を計画した。
 我家から奥只見湖へのルートは3つ考えられ、1つは
塩原温泉から尾頭トンネルを通り桧枝岐を経由し奥只見湖へ入るコース、2つ目はい
ろは坂を抜け日光中禅寺湖から金精道路を経由し、日光白根山の紅葉を見て、沼田IC
から関越自動車道で小出ICから行くルート、3つ目は東北自動車から関東自動車道を
経由して関越自動車道へ入るコースを考え、出発日の天候が晴れていれば第1ルート、
曇りなら第2ルート、雨なら第3ルートと決めた。
 出発当日は残念ながら朝から雨で、しかも台風が近づいており今回の旅は、天候に
恵まれず紅葉も期待できそうもなく、温泉での“のんびり旅”と決め第3ルートで出
発した。関越自動車道の小出ICで降り、国道352号から「奥只見シルバーライン」に入
雨の奥只見湖
雨の奥只見湖
ったが驚いた。「シルバーライン」という名前とは裏腹
で、湧き水が随所に流れ、ごつごつした岩肌がむき出し
になったトンネルが続き、初めのうちはインディ・ジョー
ンズの冒険気分を味わいながら運転していたが、薄暗い
トンネルはどこまでも続き、しかも前後に車は見当たら
ず対向車も無く、女房は気味悪がりだんだん心細くなり、
こんな状況が30分ほど続きトンネルを抜け出て駐車場に
着いた時はホットした。このトンネルは昭和32年に完成
した、奥只見ダム建設の資材運搬道路で、ダム完成後も 奥只見湖遊覧船
奥只見湖遊覧船
管理のみに利用されていたのを、奥只見湖が観光資源と
なり、又尾瀬への最短ルートとして一般に開放され、
“奥只見シルバーライン”となったと後で知った。
 奥只見湖遊覧船内のアナウスでは“晴れていれば燧ヶ
岳・越後三山等2,000m級の山々が見え、湖の周りが色鮮
やかに染まる景色が見える”と説明していたが、ところ
どころ色づいてはいたが、雨は本降りで見通しは悪く、
景色は霞んでおり、これも趣があるか?と自分に言い聞かせていた。また寒く、レス
トハウスで食べた熱々の“きつねうどん”が美味しかった。
 八海山ロープウェー山麓駅の駐車場に着いたときは午後3時を過ぎており、雨は小
降りになっていたが、広い駐車場に数台の車しかなく、ロープウェーに乗るか迷って
いたが、降りてきた人に様子を聞いたら、山頂駅では雨は止み、“雲海”が見えたと
教えてくれ、慌てて切符を購入し発車間際のロープウェーに駆け足で乗り込んだ。
 車内のスタッフの方の話では滅多にないそうで、山頂駅の展望台からの眺めは、360
八海山からの雲海_1
八海山からの雲海_1
八海山からの雲海_2
八海山からの雲海_2
度雲海に囲まれ、遠く日本
海、佐渡島まで見渡せ素晴
らしいパノラマだった。こ
れほどの規模の雲海を見た
のは初めての経験で興奮し
て写真を撮りまくった。
また、今回は八海山の紅葉
を楽しむことは出来なかっ
たが、数年に一度しか現れない雲海を運良く見られラッキーだった。その夜、温泉に
ゆっくりつかった後に飲んだ“大吟醸 八海山”の美味しかったことこの上なく、つ
いつい飲みすぎてしまった。
 翌日は、前日に寄れなかった鬱蒼とスギ林に囲まれた“八海神社”でお参りしてか
ら苗場へ向かう予定で八海神社を参拝した時、神殿の横に張られた“10月20日大火渡
り祭り”のポスターが目に入った。当日にもかかわらずその気配がないので、近くに
居た人に聞いたとこら、神社違いでお祭りはひと山越えた“八海山尊神社”で12時か
ら始まるから早く行かないと駐車場に入れないと教えられ、急遽予定を変更した。
 すでに神社の駐車場は満車で登れず、途中で止められた臨時駐車場になんとか入れ、
タイミングよく来たシャトルバスに乗り神社へ行った。会場には、すでに全国各地の
「○○講中」の幟が立てられ、白装束の信者や見物客が大勢集まり、見物席を確保す
るのに苦労した。12時に「大火渡式の御祈祷」が始まり、祭壇の前に積み上げた護摩
木に火がつけられ、炎が高 大火渡り式_1
大火渡り式_1
大火渡り式_2
大火渡り式_2
く燃え上がる光景は迫力が
あった。護摩木が燃え尽き、
真赤な炭になったところに
つくった通路を、家内安全・
無病息災を念じながら信者
や講の方たちが素足で渡る
姿が続いた。そのあと、一
般の人も火渡りができるので、大勢の人が何列も列を組み待機していたが、帰りの渋
滞に巻き込まれるのを避けるため早めに会場を出苗場へ向かった。
 苗場高原・田代高原の周遊コースはいくつかあり、田代ロープウェーで山頂駅に上
二居胡
二居胡
り、なえばドラゴンドラ山頂駅まで歩き、苗場高原(ド
ラゴンドラ山麓駅)に下り、バスで田代ロープウェー山
麓駅に戻る一周約2時間のコースにした。
 時期が早すぎたようで、紅葉は一部しか見られなかっ
たのは残念であったが、田代ロープウェーとドラゴンド
ラからは違った姿の二居湖が望め、周りの眺めも素晴ら
しいものだった。また、ドラゴンドラはアップダウンの
連続で、谷底へ吸い込まれるような箇所が続き「お尻が
ムズムズ」し、迫力満点のスケールで大満足であった。 なえばドラゴンドラ
なえばドラゴンドラ
高いと思われた乗車料金も、スリルを連続で味わい安く
感じ、孫を連れてもう一度来たいと思った。この晩も、
温泉上がりで美味しい地酒を味わうことが出来た。
 翌日は、三国峠越えの予定であったが、関東地方への
台風の接近のニュースを聞き、宿を10時に出て高速道路
に乗り関越トンネルを出たら、バケツをひっくり返した
ようなドシャ降りの雨の中を家路につき無事帰宅した。
 今回は、天候に恵まれず、かつ紅葉には時期も早すぎ残念であったが、予期せぬ
“雲海”に出会い、また“大火渡り祭り”を見学できたのも、スケジュールに余裕が
あったからこそできた旅であった。これからも楽しめる旅を続けていきたい。
 
2018. 4. 1 また春が来て            佐野支部長:辻 隆太
 
 また春が来て 佐野支部長 辻 隆太
 
              一寸の光陰
 喜寿峠を何とか乗り越えて、ご同輩と祝った正月に 辻_佐野支部長
辻_佐野支部長
◇「年賀状最終便受理]の話に酌が進み「俺達にも何か
近づいて来たかなー、でもこの新年会はいつまでも続け
たいなぁ」と、互いを見まわし、健康を誓ったのも。
◇何年かに一度の寒い日に汗をかき、雪掻きしたのも。
◇時々登った白根山が噴火したニュースに驚いたのも。
冬のオリンピックで、パラリンピックで
◇スポーツと平和や政治・経済・応援の話しをしたり、
◇ジャンプの日の丸滑空隊、種々の高速滑走隊の集中力や精神力に感動したのも。
ついこの間のような気がするけれど、また春が来て新年も、もう4分の1が過ぎる。
 
              交差点で
交差点で
交差点で
 今日も朝から良い天気。町内の交通安全活動に参加、
いつもの交差点で小学生を見守っていたら、列の先頭の
お嬢さんが「おはよう。いつもありがとう。私4月から
中学生、ちがう道を通るから会えないよ」とのこと。
「そうか、寂しいけど元気でな」。信号が変わった。
「日の丸帽のおじいちゃんも元気でね」と手を振った。
続いてきた生徒達「いつも日丸帽」って大声で笑った。
元気な若芽を見守っていると、自分も若返ってくる。
(日の丸帽か。東日本大震災の復興支援で購入した{がんばろう日本}の赤い丸の
ワッペンを縫い付けた白い野球帽だ。この帽子、もう7年になるんだ。天災や人災で
想像を絶する思いをした子供達や親御さんの、その後に思いを寄せながら・・)
 数列が通りすぎた頃、若いお母さんが寄って来て「下の娘が今度4年生になります。
私4月から仕事を持ったので来れなくなります。よろしくお願いします」とのこと。
「了解、体に気をつけてね」(働き方に注意し、家事と仕事の両立に美しい誤解の無
いように話し合って別れた) 車が走り過ぎた。遅れて駆けてくる子もいる。
 
             折り返し点で
 みんな見送ってから、じいちゃん仲間と散歩へ。「ああいう子が、俺たちみたいな
チョイ遅れジジーになるんだべ。4月は新入りが来る」 薬師様境内
薬師様境内
「子供は手が掛らなくなると金が掛るようになるんだ」
「俺達の見張り互いに丈夫だから続けられるんだよな」
「 そ-だね 」話しながら折り返し点の薬師様に到着
境内のベンチに腰を下ろし一休み。水分補給しながら
「この庭は俺たちも小学生のころは良く遊んだ所だが
つくづく見ると建物も木も古くなった。聞いた話では、
最澄大師が彫った「薬師如来像」を、何とかという坊さ
んに頼んで関東に送らせたが、この辺りで仏像を乗せた車の軸が折れ、動かなくなっ
た。坊さん{仏がここを選んだのだ}と時の領主を説得、八町四方の土地を貰い七堂
伽藍を建立し、薬師如来像を安置した。運んできた車を埋めた車塚も残っている。
以降村人から薬師様と慕われて、後に村人の野村八右衛門吉久が「和算額」を奉納し、
今では栃木県でも4番目に古い物で、佐野市の有形民俗文化財となっているんだ。
ちなみに現存する和算額で日本最古のものは佐野市の星野宮神社にあるんだって。
いつか住職に予約し見せてもらおう。庭にある榧(カヤ)の木や杉の木は樹齢400年前
吽形像
吽形像
門前の桜
門前の桜
阿形像
阿形像
後と推定される、と聞いているんさ」佐野育ちのじいちゃんと昔話しのひと時。
 門前の桜も凄い「汝ら老いたりと雖も、老後の初心忘るべからず。心して通れ!」
と大地を踏みしめている。・・「老いたりといえども淵川権六まだまだ汝ら若輩にお
くれは取らぬ!」と吉川英治作「宮本武蔵」の中で、ズンと構えたあの気迫だ。
 お参りのたびに会う門番(2つの王=仁王様)の貫禄も凄い。曰く「雨にも負けず、
風にも負けず、雪にも夏の暑さにも負けず、丈夫な体を持ち」出生も名乗らず、人間
の心の奥まで、只管グーツと見張っている。
 
               春の小川は
春の小川は
春の小川は
ささやきながら
ささやきながら
 元気と勇気をもらい帰路
はのんびり花見の話をした
り、春の陽を背に受けて仲
良しじいちゃん野道を行け
ば、アオムシ達も蝶々にな
って上になり下になり飛ん
でる。知らない花も咲いて
いる。ふと、昔の歌を歌い
始めた。♪春の小川はさらさら行くよ〜咲けよ酒よと囁きながら♪青春とは心の持ち
方だとか。発芽、開花、山ほととぎすへ、足早に行く春、夢は春開く。伊達政宗翁も
元気に詠う。「馬上の少年は過ぐ 世は平かにして白髪多し 残躯は天の赦す所 楽
しまずして 是を如何せん 」と。私達も存分に楽しみましょう。    
 
2018. 3. 1 ソフトウェア人生           本部幹事:関根 眞
 
ソフトウェア人生  本部幹事  関根 眞
 
1.とっかかり
 昨年12月以来、早くもトップページの担当を任されまし 関根_本部幹事
関根_本部幹事
たが、さて何を書くべきか、色々構想はあるものの、こ
れと言った「インスピレーション」が沸きませんでした。
 某週刊誌の福岡博士の「パンタレイパングロス」や某新聞の
「三谷幸喜のありふれた生活」等、連載物の有名人の才
能には、凄いと感じます。
 その後調べた「数独」の第2報を書くべきか、「飼い
猫」や「趣味」を書くべきか、睡眠時に繰り返し「同じ
情景」を見る不思議を書くべきか、どれも話の続きが発展しないと言うか、記述する
にあたって、更に調べる事が多いかと、迷いました。
 色々想いを巡らしましたが、このトップページを最優先にしたためなければならない
時に、時間のかかる「パソコン操作、取扱の備忘録」を記述し始めて、こんなところを
記述するのが無難かと、駄文で「お茶を濁します」ので、ご了承下さい。
 
2.長ーい下積み
 昭和47年入社し、始めに舶用技術部に配属されました。 大学では、電気工学電子
専攻でしたが、アナログ電子回路の設計が得意と言う訳でなく、どちらかと言えば古典
(現代というより)制御理論の道しかなく、「コンピュータ」と言う一括りの世界で生き
延びてきた感じです。
 大学在学中は、大型コンピュータの世界で、穴あけパンチしたカードの塊を、コンピュータセンターの
受付窓口に提出し、翌日結果が新聞紙片面の大きさの紙に印刷される代物でした。
 挙句の果て新聞紙片面の大きさの紙に、英文で1〜2行、「compiler error」とか
「fatal error」で、間違いを探しては、穴あけパンチをやり直し、塊を提出し、翌日結
果を待つ繰り返しでした。
 入社後、航法関連や海洋測量関連、船舶機関関連などのコンピュータ関連機器に関わり、
最後は、ビル空調システムの計装プログラム作成で終わりました。
 ミニコンピュータが普及し始め、穴あけパンチカードから、穴あけパンチ紙テープに移行しました。
 それでも作業開始には、掃除機で周辺を綺麗に吸い取り、塵芥の掃除も大事ですが、
紙テープの穿孔した残り滓を吸い取ることが重要でした。
 紙テープの穿孔した残り滓が、穿孔した紙テープの穴に、きれいに嵌り込んで、紙テープ
リーダーに掛けると、エラーを見つけ、少し進んだ所でピタッと停止するのです。
 嵌り込んだ滓を見つけるのが、これまた厄介で、再度新しい紙テープを作り直すこと
も、良くありました。
 この他、穿孔した紙テープの巻取りや、compiler や library、linker 、等の紙テープ
を順番に紙テープリーダーで読み取らせ、丁寧さが必要な取り扱いで、結構神経を使いま
した。穿孔した紙テープを読ませる前に、もっと重要な儀式がありました。Bootstrap
です。ミニコンピュータの前面パネルに16個(機種によっては、12個や8個もありました)の
ピアノの鍵盤の様なスイッチがあって、初期プログラム(bootstrap)を手入力しなければなら
ないのです。昔ですから、メモリが貧弱な時代で、今ではもっと進んでいますが、ROM
(Read On Memory)もなかったんですねぇ。bootstrap は、16個の鍵盤の on/off
パターンが1ステップとして、20〜30ステップ程度ありました。取説や紙に書かれた bootstrap
の各ステップを全て諳んじて、軽快なタッチで入力する営業マンの方がおられました。
 また、Sharp のポケットコンピュータで浮動小数点の固定値のデータ算出のため、真数部と仮
数部の算出プログラムを作成したり、HPのプログラマブルカリュキュレータでロラン-Cのデータから逆
ポーランド記法でオイラー法近似計算プログラムを作成して、自船位置を割り出すなど、楽しん
でいた経験もあります。
 Intel や DEC(Digital Equipment Coop. ?) の代理店、東洋エレクトロンで取り扱って
いた MDS(Microcomputer Devilopment System ?)で PL-I 言語の方言である PLM 言
語でIntel 8086や80386 を中心とした色々な製品、アッセブラ言語で開発したPDP-11を組
み込んだ機器などにも関係しました。
 超音波診断装置の開発は、やはりソフトウェア開発で、機器内部の電子デバイスのコントロールを
行ったり、胎児の成長計測プログラムを組み込んだり、YMS(横河メディカルシステムズ)のOEMで
したが、その展示会でVプローブ(生体探触子)のデモビデオの放映を見て、未婚の青年と
して、ど肝を抜かれました。
 前置きが長くなりましたが、技術の発展は急速に進んで、8インチ、5インチ、3インチフロッ
ピディスクと進んで、パーソナルコンピュータ全盛の時代がやってきました。
 当初は、NECのPC9801パソコンが一色で、マルチメディアが謳い文句になり、やがて東芝が推
進してきたAX(PC/AT互換機から日本語対応)パソコンが defact standard となりました。
 私の好きな余談ですが、1÷9801= 0.00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 … 70 71 72 73 74 75 76 77
78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 … となるそ
うですが、私自身この無限小数を良く確認していません。
 上記、最後の少数部分「98」が、欠落している情報もあります。これ、PC9801 の
命名由来でしょうか? 数学の面白雑学の一つです。
図1 「パソコンソフト・周辺ドライバ」フォルダ
図1 「パソコンソフト・周辺ドライバ」フォルダ
 
図2 完全数とメルセンヌ素数(数学面白雑学)
図2 完全数とメルセンヌ素数(数学面白雑学)
 
図3 完全数とメルセンヌ素数(数学面白雑学)途中省略 未完成
図3 完全数とメルセンヌ素数(数学面白雑学)途中省略 未完成
 またAX(Architecture eXtended)パソコンの言い方は、レトロ語ですね。
 OSも MS-DOS から Windows 3.1 となって、Wndows 10 の世界です。下記のURLか
ら「Windowsの変遷を画像で振り返る--「Windows 1.0」から「10」まで」が閲覧でき
ます。   https://japan.zdnet.com/article/35067916/
 
3.やっと本題
 東京計器ビルシステムのビル空調システムの計装プログラム作成を引き継いだ松下電工ビルシステムを
退職し、2001(平成13)年、介護業務専門の会社を立上ました。
 
中心としたシステムエンジニア(その他家電も含めた技術担当営繕係)になって疲弊する毎日
です。
 国民健康保険の介護報酬のみならず、東京都や大田区からの補助金、利用者様から
の利用料で会社を運営してますので、それなりにパソコン業務は多大です。
 介護報酬の請求業務や補助金の申請、年度途中での変更交付申請(年3回)、前年
度の実績報告、利用者様からの請求で引落手続きや振込手続、職員退職時の異動届、
源泉税や住民税の納付業務、給料計算など、資金係、庶務係、渉外係、人事係、営繕
係など、日夜こき使われ、パソコンを利用して、新たな要求や問題解決に励んでいます。
 それでも、パソコンでプログラミング言語を使ってアプリケーションを作ったり、ホワイトハッカーの様に
なんでもこなせる頭の良いレベルではなく、そこまでするのは無理ですし、その必要も
ありません。
 出来合いの介護請求(Apprication Service Provider)ソフトや、役所関連で様式の決
められたエクセル、PDFファイル形式、メールソフト、ゆうちょ銀行インターネット伝送、種々のファイル変換ソフト
など色々な効率化、簡便化要求に対して解決方法を模索しています。
 OB会HPも担当していますが、この業務でも会社のパソコン業務に役立つ解法を見出
すことが有りますし、その逆も有ります。
 それでも、解決方法が見つからない場合、先ず各種アプリの「ヘルプ」、Yahoo 知恵袋、
窓の杜、Microsoft Community、各種検索エンジンなどを駆使して探索しますが、細かい
要求(解決方法)なので、なかなか見つからないのが現状です。
 ここで、冒頭「1.とっかかり」に記述した「時間のかかるパソコン操作取扱の備忘
録」について記述します。
 一つは、「ダウンロード」フォルダに、もう一つは「ドキュメント」フォルダの「パソコンソフト・周辺ド
ライバ」フォルダに集約しています。
 「ダウンロード」は、プロバイダーやサーバーからの通知、ハードやソフトの取扱説明書、気になる
宣伝やニュース情報、通信費、光熱水費の利用明細、領収書、注文書、契約書、複合機トナー
など消耗品の製品一覧、役所の委任状、諸届書式、ドイツ語、フランス語キーボードのキー配置な
ど。 全部で、5.17GB、2,739ファイル、460フォルダに及びます。
 「パソコンソフト・周辺ドライバ」フォルダは、CANON や DELL 製品のセットアップやソフトウェア更新、
ソフトウェア製品の更新、無線LANの設定内容、パソコン機種による半角カタカナ入力の取扱、興味
ある情報や忘れそうな各機器のポート名やIPアドレス、各種OSの一寸した情報(パスワード省
略やスタートアップアプリの無効化など)、問題を解決実現した特筆エクセルフォーム、数学面白雑学
など、多岐に亘ります。こちらは、少なくて 393MB、398ファイル、71フォルダです。
 単独に格納しているファイルもありますが、フォルダごとに関連ファイルを格納しています。
 先ず、大事なのは当該サイトのショートカット、説明、操作を記述した .xls、.txt ファイル、web
表示、図、写真を記録した .xps、.pdf ファイル、また面白情報などは動画などの.mp4、
flv、wmv、webm ファイルを格納しています。
 
4.これからどうなる?
 今の若い人は、パソコンを使いこなせないと、言われています。 それは、タブレットや
スマートフォンの普及が目覚ましく、こちらにシフトしているからだそうです。
 それでも仮想コインの不法流出やウイルスの蔓延等のブラックハッカーの暗躍、それに対するホワイト
ハッカーや、善良な情報提供メディアを担う(若い)頭の良い人達もいるのですね。
 専ら、Windows 8.1 の使用が多く、十分に使いこなせていない Windows 10も、設定
操作が2系統あって結構複雑になり、最終OSと言いながらも、割と頻繁に脆弱性が
見つかって、その都度 Windows update を行いますが、ブラックハッカーとメーカーのイタチごっこ
は続くのでしょうね。
 OB会先輩で元気に活躍される皆様からは、まだ「ひよっこ」の年齢ですが、脳内
の血管の拍動が、顔面の神経を刺激して、左眼を中心に鬱陶しい顔面痙攣の発作を起
こし、老眼も進み、眼精疲労や目の乾きによるカスミ目、更に、頸椎狭窄で首も痛く、
パソコン業務も非常に億劫になってきました。この先、何年続けられるでしょうか?
 皆様、退屈な長い話にお付き合い下さいまして、ありがとうございました。
 
2018. 2. 1 私には西国の血が流れている      本部幹事:三浦 弘幸
 
私には西国の血が流れている 本部幹事 三浦 弘幸
 
 以前会報「けいき」にルーツ探しの経過、結末について寄稿したことがあるが、
ルーツ探しから9年経った今、私のルーツ探しの現状をまとめてみた。 
 
1.東京計器退職   
 55歳で松下電工に転籍し、その後、半年で同社を退職 本部幹事_三浦
本部幹事_三浦 弘幸
し、インターネットの求人に応募し、2002年10月、四国
今治の「四国溶材」に入社した。人事諸制度を構築し、
4年半後の62歳の時、再びインターネットの求人に応募
し、2007年4月、新潟の「ジェイメディカル」に入社し
た。仕事の内容は社内諸制度の構築であった。四国溶材
で創った諸制度の経験を生かし、ジェイメディカルでの
仕事も順調に進んでいた。制度構築の説明に各支店営業
所を訪問していたが、山形営業所を訪問した折に、父の従妹を訪ね、私の江戸時代か
ら明治にかけてのルーツが広島県竹原市であることが分かり、簡単な系図を見せても
らった。
 竹原市は新潟の前に勤務していた今治市の対面に当たる場所で、今では廃止になっ
たが、私が今治に居たころは今治から竹原にはフェリーも就航していた。私も何度か
利用したことがあったが、いつも竹原の町は素通りであった。そこに私のルーツがあ
ったのかという、ある意味「悔しい気持」が心の中で込み上げてきて2009年8月、竹
原を訪問することにした。
 
2.竹原訪問      
桐谷家の墓
桐谷家の墓
 竹原の市内は初めて訪ねる所であったが、インターネ
ットで調べ、古い町並みを保存していること、その中に
ルーツと同姓の桐谷邸があること、町並みの山側に照蓮
寺、西方寺、長生寺の三つのお寺があることが分かって
いた。
 山形で見た系図の一番上にあった桐谷理兵衛、ウメの
お墓がどこかにあるのではないかと思い、それを探すた
めに山側にある寺を訪ねることにした。
 お寺は山側に位置し、お墓も広く、なかなかわからなかったが、西方寺で桐谷理兵
衛、ウメのお墓を見つけることが出来た。
 昔のお墓にはその人の出自などいろいろな情報が書いてある。そして、一番最後に
亡くなった人の墓には「桐谷房助の墓」と刻まれ、戒名も刻印されていたが、その墓
石にはもう一人俗名だけで「桐谷孝也」と書いてあり、気になった。命日は昭和20年
1月26日と記されていた。
 
3.西方寺訪問     
 東京に帰ってから数ヶ月が経過したが、お寺を訪ねれ 西方寺の舞台{普明閣}
西方寺の舞台{普明閣}
ば何か情報があるかもしれないと考え、2010年5月31日
に西方寺を訪問した。
 あらかじめ西方寺の住職宛に手紙を書き、この日午後
1時に訪問する旨を伝えていたので私の訪問目的は理解
されていた。私の祖先の桐谷理兵衛・ウメ夫妻のお墓に
ついて、何かご存じかどうか伺ったが、西方寺は江戸時
代初期からの歴史のあるお寺であり、住職もお寺にある
お墓については、一々だれのものなのかは把握していないとのことであった。
 私の発見したお墓の中で最後に亡くなった桐谷孝也さんの過去帳を見せていただき
たい」とお願いした。住職は過去帳の昭和20年1月26日の日付を見つけ、「たしかに、
桐谷孝也さんは西方寺で弔っていますね」と言って過去帳を見せてくれた。
「吉名の多田さんの家で亡くなっています」と住職は言った。「多田家は大きな旧家
で駅を降りて山側に行けばすぐ分ります」と言った。私の探したお墓に縁のある方が
竹原に住んでおられることが分かった。
 
4.多田家訪問
多田家
多田家
 早速多田家を訪問し、訪問目的を伝えると、「昔多田
家から、桐谷家に養子に行った人がいるという話を聞い
たことがあります」との返事が返ってきた。多田家は源
平合戦のころに活躍した源氏方の大将の家柄で、そのこ
ろからの家系図が巻物で残っているとのことであった。
いわゆる「多田源氏」の末裔ということであり、大変な
名家であることが分かった。
 系図の明治時代のところに、多田家の次男の多田房助
が桐谷家に養子に行ったことが書いてあった。桐谷房助さんは娘婿であることが分っ
た。
 昭和20年に亡くなった桐谷孝也さんが多田家で亡くなったということは、父親の生
家で亡くなったということになり、桐谷家の人間がなぜ多田家で亡くなったかの理由
は分った。しかし、私の探している桐谷家は依然として見つけることが出来なかった。
翌日、市役所の市民課に寄ったが戸籍の情報は同じ戸籍にいる人間しか取得できない
という壁があり、全くの他人が行っても調べることが出来ないことが分かった。
 
5.新たな情報と直感
 竹原で知り合いになった人から電話があり「三浦さん 松山にて
松山にて
の探している桐谷家はどうも四国に行ったようですよ」
との情報が寄せられた。竹原から四国に行くとなると今
治の可能性が高い。今治で勤務していた会社の総務部長
に探してもらおうと思い立ち、メールを送った。返事は
即日来た。「今治西高校の同窓会名簿に一人桐谷姓の人
がいた。名前は桐谷哲也、住所は松山市・・・・、
電話番号は・・・・」
 早速桐谷哲也さんに連絡を取り、経緯を説明したところ「私は広島県の竹原に本籍
があります、先祖は竹原で造り酒屋をしていたと聞いています。竹原の西方寺に先祖
代々のお墓があります」との返事があり、竹原出身の桐谷さんであることが分った。
 
6.戸籍謄本
 2010年11月1日、3回目の竹原訪問を決行した。桐谷哲也さんの本籍が竹原市であ
ることから、竹原市役所の市民課で明治時代以降の戸籍謄本を取得することが出来た。
何の手掛かりもなく竹原を訪問して、3度目の訪問でこれだけの情報が得られたのは
まさに奇跡であろう。
 これで桐谷家本家の家系の大部分を把握することが出来た。桐谷哲也さんの情報に
よると桐谷家本家の末裔は川崎に住んでおられることも分かった。
 竹原の桐谷家は大変栄えた家であったが、大正時代から昭和にかけて政府による塩
田の統制が厳しくなり、そして第二次大戦もあり、桐谷家は竹原から大阪や東京に移
住したことが分かった。
7.先祖の導き
 かつて勤務したことのある今治の対岸の竹原にルーツがあることを、今治を去った
後、次の勤務地新潟で知り、その悔しさが行動の発端となった。そして、最後にルー
ツの詳細を解く鍵となったのが、はたして、なんとまた今治であったのである。
それは桐谷家が今治の女性と結婚したことが大きく関係していると思われる。
 東京計器を退職した後、四国の今治に勤務し、その後新潟に勤務した私の人生の過
程は、自分で意図したとか、望んだというのではなく、「この男ならルーツの解明を
するであろう」と感じた先祖の導きであったのではないかと思われて仕方がない。
 ルーツ探しのキーワードは「お墓」と「戸籍謄本」であった。
 
8.父の育った福山 
金比羅山の石柱
金比羅山の石柱
 私の父は自分の家系について、ほとんど話をしてくれ
なかった。そのことに理由があるのかどうかは今となっ
ては全く分からない。父の父(私の祖父)寛二は桐谷三
姉妹の嫁ぎ先の福山市の山本呉服商の次男として生まれ
た。
 京都大学に進み、京都で医者を開業していたが、40代
で他界している。その後父の一家は京都から祖父の実家
のある福山に戻り、父は福山の誠及館(せいしかん)を
卒業して士官学校に進んで軍人になった。
 福山も広島県である。私の母方の祖父は山口県岩国市出身、母方の祖母は大分県中
津市出身である。
 4人いる祖父母は全員西国出身である。私の血には西国の血が流れているのである。
 上の写真は福山の呉服商山本幸七が香川県の金比羅山に寄進した石柱である。
「備後福山山本屋幸七」と刻印されている。最初の山門(大門)をくぐり、桜馬場と
いうあたりの左側に立っている。
 
2018. 1. 1 新年のご挨拶               会長:八木 宏
 
   新年のご挨拶 OB会 会長 八木 宏  
 

 
         明けましておめでとうございます。
 会員の皆様には、穏やかな新年を穏やかな気持ちで迎えられたこととお慶び申     
し上げます。今年は冬季オリンピックやサッカー・ワールドカップなどで日本の
活躍を期待するとともに、社会全体でも明るいニュースが増えるように願ってお
ります。 
 OB会もさらに充実するよう幹事一同で努めますので、皆様もさまざまな形で      
参加され、互いに交流していただけると幸いであります。 
 
 「一年の計は元旦にあり」と言いますが一月のトップページはやはりお正月がらみ
の記事になります。
 戦後の貧しい時代に育った者には、ささやかなお雑煮と凧揚げコマ回しにカルタぐ
らいがお正月の記憶です。
 
  刻かけて 老いの雑煮の 餅ふたつ   弦四朗 お雑煮
お雑煮
 
 幼いころは兄弟で雑煮の餅の数を競ったものですが、
今は年寄り相応の数になり、それも少し小さめにした方
が安心と思われます。
 おせち料理をいただくのも控えめにしてTVのチャネ
ルを回すと(この言い回しも時代遅れですが)お笑い番
組のオンパレードです。
 子供の頃の我が家はTVもありませんでしたが、関西に住んでいたのでラジオでは
漫才が賑やかでした。当時の関西は落語が息を潜めている時代で、エンタツ・アチャ
コからダイマル・ラケット、いとし・こいし等の漫才が人気でした。
 江戸の町ではお正月に万歳が町辻を流して歩いたそうですが、今は東京でも万歳で
はなく漫才になってしまったようです。
 
  やまざとは まんざい遅し 梅の花   芭蕉 芭蕉句碑
芭蕉句碑
 
 万歳は三河の国から年の暮れになると江戸まで出てき
て正月に忙しく稼ぎ回りました。
 多数の町万歳のほか武家屋敷や大名家にまで呼ばれる
ほどの太夫・才蔵までいたそうです。
 そのころ、山村の人々は炉端でひっそりと春を待って
いるということでしょうか。
 この句碑には伊陽山中陽春と前書きされていて、伊賀の「やまざと」であったと思
われます。三河に近くとも江戸より先に万歳が来るというわけにはいかないようです。
梅の花
梅の花
  
 万歳は来なくても、梅の花が春を告げてくれます。明
治初めに改暦されるまでの旧暦では今の2月ごろが正月
なので梅の花の咲く頃にあたります。ちなみに今年は2
月16日が旧正月です。 
 冬季オリンピックがたけなわの頃で、どんな花が咲く
ことでしょう。
 
 さて梅のほかにも正月に似合う、正月に見たい、正月に飾りたい花などがいろいろ
あります。花ではありませんが千両もそのひとつです。
 
  われ富めり 千両万両 くれなゐに   青邨       センリョウ
センリョウ
  
 千両は名前からして目出度く花瓶に活けるだけでなく
葉についた赤い実がおせち料理のあしらいに使われたり
もします。
 家の庭では晩秋から年末に赤い実をヒヨドリに食べ尽
くされないように攻防戦を繰り広げます。
 
 
 名前が目出度いといえば福寿草も正月の床の間に飾りたい花です。新暦の今では温
室を利用しないと正月には難しいですが、早春に落ち葉の下から黄色い花が顔を出す
のを見るのは楽しいものです。 
 葉牡丹はキャベツの仲間で花ではありませんが、祝福とか愛を包むなどの花言葉が 
つけられています。美しい色の種類も多く、お正月の鉢植えとして人気があります。 
 植物学的には梅ではないけれど、蝋梅(ロウバイ)はちょうど今頃咲き始めて黄色
い花が気分を暖かくしてくれます。仲間で少し遅れて咲く素心蝋梅(ソシンロウバイ)
は、ご近所でも数が増えました。 
フクジュソウ
フクジュソウ
ハボタン
ハボタン
ロウバイ
ロウバイ
 
  チューリップ
チューリップ
 昔と違って新種開発が旺盛に行われたり、栽培方法も
流通システムも進歩して花の種類や見られる時期も多様
化しました。
 江ノ島へ初詣のあとサムエル・コッキング苑に立ち寄
ると、いろんな種類や色のウインターチューリップが
目を楽しませてくれます。
 
 
 お正月の花はまだまだほかにもあると思いますが、シ シクラメン
シクラメン
クラメンに本文の掉尾を飾ってもらいます。40年以上も
前に大ヒットした歌で有名になりましたが、真綿色や薄
紅色のシクラメンは心を和ませ穏やかな心で一年の計を
立てさせてくれそうです。
 
 会員の皆様とご家族が明るく充実した一年を過ごされ
ることを願うとともに、東京計器(株)にとっても良い年
になるよう祈念いたします。